2023年、gggのアンによって

ああ、スコットランド! 飛行機を降りた瞬間、私はまるで私が愛してやまない魅惑的な物語の中に入り込んだような気分になった。 ロバート・バーンズの詩的な思索や古城の歴史的なささやきを好む者としては、スコットランドはまるで夢の世界のようだ。 雄大なハイランド地方から歴史的な都市まで、このガイドはスコットランドを冒険する同志のための宝の地図だ!

エディンバラ魅惑の首都

エディンバラ城

死火山の頂上にそびえ立つ壮大なエディンバラ城は、私が愛読書で読んだどの城にも劣らない魅惑的な城砦である。 石壁は、騎士や乙女、そして激しい戦いの物語を語る、何世紀も前からのささやきが響いているようだ。 城の古い廊下を歩けば、おとぎ話の世界に入り込んだような気分にならないわけがない。 そして、ああ、クラウン・ジュエル! 輝きを放つ宝石や金属のコレクションは、まさに伝説そのものだ。 歴史的にスコットランドの君主の戴冠式に使われた「運命の石」も必見だ。 この城は単なる石とモルタルではなく、芸術と歴史の生きた作品なのだ。

ロイヤル・マイル

さて、ロイヤル・マイルをぶらぶら歩いてみようか。 この歴史的な通りは、エディンバラ城とホリールードハウス宮殿の間に伸びている。 ロイヤル・マイルには、歴史的建造物に現代的なショップや飲食店が入り、過去と現在が複雑に絡み合っている。 石畳の小道や華麗な建築のディテールは、まるで歴史書の中を歩いているような気分にさせてくれる。 使い古された石を踏むたびに、別の物語、別の時代、別の魅力的な人物が思い浮かぶ。 聖ジャイルズ大聖堂もお見逃しなく! 天国のようなステンドグラスの窓があるこの場所は、スピリチュアリティと芸術性が融合した場所であり、歓喜の白道における日向と日陰の融合のように調和がとれている。

アーサーズ・シート

私のように自然の中に安らぎとインスピレーションを見出す者にとって、アーサーズ・シートは大切な場所だ。 エディンバラを取り囲む丘陵の主峰であり、頂上までのトレッキングは時空を超えた旅となる。 一歩一歩進むごとに、眼下に広がる街並みは一変し、ますます雄大な景色があなたを迎えてくれる。 頂上ではエディンバラのパノラマが目の前に広がり、尖塔のひとつひとつ、路地のひとつひとつが、広大で複雑なタペストリーの中の小さなディテールなのだ。 私が感じた爽快感と達成感は、アヴォンリーの丘で初めて果敢に登ったときのようだった。 アーサーズ・シートは単なる丘ではなく、大地と空の壮大なドラマが繰り広げられる自然の円形劇場であり、あなたの想像を超える壮大な風景に息をのむことだろう。

エディンバラ動物園

動物王国への旅立ちには、エジンバラ動物園を強くお勧めする。 威厳のあるトラから愛らしいペンギンまで、さまざまな魅力的な生き物が生息しており、まるで生きた絵本の中に入り込んだようだ。 想像してみてほしい、遠く中国から来たパンダとアフリカのライオンが同じ日に! それは、私が故郷の読書コーナーで読みふけった探検家や冒険家のエキゾチックな物語のように、想像力をかきたてる、まさにグローバルな体験だ。

エディンバラという街は、まるで美しく書かれた原稿のように、ページをめくるたびに新たな驚きを与えてくれる。 この首都は単なる場所ではなく、歴史、自然、現代性が調和のとれたバランスで存在する心の状態なのだ。 そして、どんな良い物語でもそうであるように、次の章を切望させる。

ハイランド地方スコットランドの中心を探る

ネス湖

ああ、ネス湖!神話と怪物の物語が囁かれるほど謎めいた水。 この伝説の湖には、ネッシーという神話上の生物の秘密が隠されている。 それにもかかわらず、この場所の魅力はほとんど魔法のようだった。 まるで呪術的な怪談のページを漂いながら、主人公の登場を待っているかのようだ。 それだけでなく、湖は緑豊かな丘に囲まれていて、アヴォンレアに戻れば緑豊かな風景に匹敵する。 ネス湖センターと展示は、この謎めいた場所の歴史と生物多様性に関する魅力的な洞察を提供し、必ず訪れるべき場所である。

グレンコー

グレンコーは想像力をかきたて離さない場所だ。 そびえ立つ険しい山々に囲まれ、きらめく湖が点在するこの渓谷は、まさにファンタジーの世界だ。 山々は風だけが知っている秘密をささやき、湖は鏡の役割を果たし、時の流れのように古い物語を映し出す。 グリーン・ゲイブルズの森で私が初めて “想像力を広げる “練習をしたように、グレンコーは私の心を彷徨わせ、古代の一族や神秘的な存在の物語を思い起こさせた。 ロスト・バレー(Lost Valley)をハイキングしたり、グレンコー・ビジター・センター(Glencoe Visitor Centre)に立ち寄って、この地域の豊かな歴史や地質について学ぶのもお忘れなく。

ベン・ネヴィス

ハイランド地方に来たら、イギリス諸島で最も高い山、ベン・ネヴィスを訪れないのはもったいない。 深い考えを巡らせるために高い場所を好む私にとって、この登攀は挑戦的であり、また充実したものだった。 一歩一歩、雲の上へ、青とグレーの柔らかな色合いで描かれたような空へと近づいていく。 山頂に到達することは、試練や苦難、そして究極の勝利に満ちた、私のお気に入りの冒険小説の1章を征服するようなものだった。

スカイ島

最後に、スカイ島。 荒々しい美しさと神秘的な魅力で知られるこの島は、私のような夢想家にとって天国だ。 フェアリー・プールは、自然にできた青と緑のプールで、島の中に隠された魔法の世界のように感じられた。

スコットランドのハイランド地方は、神話や自然の素晴らしさ、想像力をかき立てる風景で描かれた生きたキャンバスなのだ。 グリーン・ゲイブルズ周辺の大切な野原や森のように、ハイランド地方には無限の “想像の余地 “がある。

グラスゴー文化芸術都市

ケルヴィングローブ美術館

グラスゴーでの文化の旅は、ケルヴィングローブ美術館と博物館の見学から始めましょう。 グリーン・ゲイブルズにいた頃、お気に入りの本のページの間の世界に没頭していた貴重な時間のように、この美術館では、一日のうちにさまざまな時代や文化を体験できる、豊かな芸術品や美術品のタペストリーが展示されている。 想像力の饗宴であり、アヴォンリアの魅惑的な森を歩くときのように、鮮明な夢へと誘う。

ザ・ライトハウス

建築が好きな人にとって、ザ・ライトハウスは必見だ。 デザインと革新の宝庫であるこの空間は、無限の可能性と創造的熱意で満ちている。 それは、愛する家の周囲を探索するたびに感じたインスピレーションに似ている。それぞれの部屋やコーナーが、新しい物語や芸術的な試みの背景になり得るのだ。

スカイ島:自然の詩

妖精のプール

フェアリー・プールは単なる自然の驚異ではなく、想像力を呼び起こす。 アヴォンレアにいたころのシャイニング・ウォーターズ湖のように。 まるで妖精が実際に存在しそうな魔法の国のようで、きらめく魅惑的な水の下に隠されている。

ストールの老人

ストールのオールドマンは、景観を支配する畏敬の念を抱かせる岩層である。 それは、小島を守る背の高い古代人に似ている。 その下に立つと、スコットランドの手つかずの大自然のエネルギーを感じずにはいられない。まるで、年老いた賢者がはるか昔の知恵をあなたの呼吸する空気にささやいたかのようだ。

スコットランド料理について

ハギスとニープス

スコットランドの伝統料理であるハギスとニープスを味わわずして、スコットランドへの旅は終われないだろう。 風味豊かで伝統的なこのボリュームたっぷりの料理は、お腹も心も満たしてくれる。 スコットランド文化のエッセンスを体現したこの料理は、『グリーン・ゲイブルズ』に登場するマリラの手料理のように私を満足させてくれた。

起伏に富んだ風景、歴史的な都市、豊かな文化を持つスコットランドでは、五感を魅了し、想像力をかき立てるような体験が無数にできる。 私の好きな小説に出てくる登場人物や土地がそれぞれ独自の物語を語るように、スコットランドの都市や田園地帯もまた、独自の物語を語る。 それらは、私や冒険家仲間にとって生涯大切にしたい、驚きと美と遺産の物語である。

スコットランドの滞在先趣のある一角と居心地の良い隠れ家

ああ、宿泊施設か! 憩いの場は、旅の壮大なストーリーの小章のようなもので、めまぐるしい冒険に甘い小休止を与えてくれる。 スコットランドを旅するなら、爽やかなアヴォンリアの夜にマリラの温かい紅茶を飲むように、滞在を楽しくしてくれるおすすめの宿をいくつか紹介しよう。

エディンバラキャッスル・バイ・ザ・ウィッチャリー

エディンバラ城のそばにあるザ・ウィッチェリー・バイ・ザ・キャッスルは、その呪術的な雰囲気からその名がついた。 アンティークの調度品とベルベットのようなドレープが、まるで絵本の中に入り込んだような気分にさせてくれる。 そこにいると、初めてグリーン・ゲイブルズに入ったときのことを思い出す。どの部屋も秘密や過去の物語を囁いているようだ。

ハイランドインヴァーローキー・キャッスル・ホテル

ハイランド地方に足を伸ばすなら、インバーロッチー・キャッスル・ホテルは、周囲の景色と同じくらい壮大な滞在を提供してくれる。 湖と渓谷に囲まれたこのホテルは、歴史に彩られた贅沢な空間を提供している。 グリーン・ゲイブルズ』の各部屋に個性があったように、各スイートには独特の趣がある。 壁にも物語があるような場所だ。

スカイ島:3つの煙突

フェアリー・プールズと同じくらい幻想的な滞在をお望みなら、ザ・スリー・チムニーズをご検討いただきたい。 人里離れた場所に位置するこの施設は、私がアヴォンリアのお気に入りのスポットをぶらついたときのように、自分の考えが聞こえてくるような静かな隠れ家を提供してくれる。 部屋はこぢんまりとしていて、レストランではマリラの舌を唸らせるような美味しいスコットランド料理を提供している。

グラスゴークロスバスケット城

グラスゴーのクロスバスケット城は、歴史的な魅力と現代的な快適さが融合している。 城の壮大さは、私が大切にしている絵本に出てくる王子や王女の住まいに匹敵する。 お城の図書館は、マシューとマリラのささやかな蔵書に没頭した日々を思い出させてくれた。

セント・アンドリュースオールドコース・ホテル

セント・アンドリュースを訪れるなら、オールド・コース・ホテルは素晴らしい選択肢だ。 有名なゴルフコースと海が見渡せ、スポーツ、自然、歴史など、さまざまな物語が交錯する舞台のようだ。 このホテルには、私がアヴォンレアで学び、空想にふけった校舎のような、独特でありながら親しみのある魅力がある。

アバディーンスキーン・ハウス

プロボスト・スキーンズ・ハウスは、我が家のようなくつろぎを提供する。 これらのサービスアパートメントは、あなたの考えを書き留めたり、次の壮大な冒険を夢見るためのプライバシーを提供します。 城ほど壮大ではないが、部屋の居心地の良さはレイチェル・リンデも認めるところだろう。

インヴァネスカロデン・ハウス

ハイランド地方の中心部、インヴァネス近郊にあるカロデン・ハウスは、歴史の記念碑として建っている。 この建物はジャコバイトの蜂起で重要な役割を果たし、現在は豪華なホテルとして利用されている。 その威厳のある環境は、私が白昼夢の中でアボンリアの女王を演じた時のことを思い起こさせた。

スコットランドで頭を休める場所を選ぶのは、雨の日に読む本を選ぶのに似ている。 歴史的なお城の魅力、隠れ家のような温かさ、家庭的な環境の快適さなど、スコットランドには、旅の物語の各章を驚きと喜びで満たしてくれる何かがある。 あぁ、夢が織り込まれた土地と宿があり、あなたが到着し、あなた自身の物語を加えるのを待っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です