2023年、アン・gg 記

ああ、アイルランド! アヴォンリアの森のように緑豊かな土地だが、独自の神秘的な魅力と活気ある文化を持っている。 アイルランドの大地に足を踏み入れた瞬間、私の大好きな本の一章に入り込んだような気分になった。 エメラルドの丘は、まるで私の魂の深い憧れを理解する詩人や夢想家たちによって作られたかのように、どこまでも続いているように見えた。 草の一本一本、湖のさざ波のひとつひとつが、私を探検に誘い、アイルランドの展開する物語の一部となるよう誘っているかのようだった。

空気は野草の香りと湿った土の匂いで濃く、私の肺は再生の気持ちで満たされていた。 そして、ああ、人々だ! 彼らの目は沿岸の海のようにきらきらと輝き、話すときでさえ歌声が響く。 私は、アヴォンレアに戻ったレイチェル・リンデ夫人の焼きたてのアップルパイにたとえられる温かさに包まれるのを感じた。 地元の人たちは、私のような放浪癖のある11歳の少女でさえもくつろがせる術を持っているようだった。

古木の樫を揺らし、象徴的なランドマークを横切る風がメロディーを奏でる。 心にしみるほど美しい修道院の廃墟から近代都市の賑やかな通りまで、アイルランドは調和のとれたバランスを保ちながら生きる二律背反の国だった。 歴史と現代性は、古くからあるバラードの詩とコーラスのように共存していた。 私の赤い髪は先祖代々の故郷を見つけたような気がしたし、私の足は北部のジャイアンツ・コーズウェイからケリー州の詩的な海岸まで、あらゆる町や野原を歩き回りたかった。

11歳の夢見る少女だった私は、燃えるような髪と同じくらい鮮やかなイマジネーションを胸に、ただ土地の一部に足を踏み入れたのではなく、隅から隅までが新たな物語と冒険を約束してくれる領域に足を踏み入れたような気がしていた。 あぁ、アイルランドよ、あなたは単なる目的地ではなかった。あなたは啓示であり、驚きと喜びの縮図であり、私のためだけにデザインされたようだった。

到着:ダブリン空港

飛行機を降り、伝説と伝承の地に足を踏み入れた瞬間から、冒険は本当に始まる。 空気は土と海が混ざり合い、魂にまで届くような香りが漂い、五感を限りない驚きで満たしてくれる。 まるで空と海と大地が共謀して、あなたを魔法の抱擁に迎え入れようとしているかのようだ。

そして、あなたの目は楽しいものをとらえる。 アイルランドを象徴する三つ葉の植物、シャムロック柄があしらわれている。 床のタイルに複雑に埋め込まれたそれらは、まるでこの先にある謎を探検するよう手招きしているかのようだ。 シャムロックのひとつひとつが、アイルランドの豊かな伝統へのうなずきのように感じられ、アイルランド自身からのさりげないウィンクが、その歴史と文化をより深く掘り下げるよう促している。

まるで空港の壁が “冒険は始まったばかりだ “と囁いているかのようだ。 一歩外に出る前から、すでにアイルランドの体験に浸っているのである。 好奇心と熱意に満ち溢れた11歳の子供にとって、それはアイルランドの武勇伝の完璧な序章なのだ。

フェア・シティダブリン

活気あふれるアイルランドの首都ダブリンは、古いものと新しいものが見事に調和した街だ。 石畳の通り、歴史的建造物、そしてモダンな雰囲気が漂うこの大都市は、想像力豊かな私のような11歳の子供でさえも、誰もが魅了されることだろう!

トリニティ・カレッジとケルズの書

トリニティ・カレッジは、有名なケルズの書を所蔵する壮大な大学である。 一語一語を宝石のように大切にする私としては、この古文書の複雑に装飾されたページに魅了された。 それは単なる本ではなく、何世紀にもわたる架け橋となる芸術作品なのだ。 薄暗い部屋に置かれたその雰囲気は敬虔で、まるで本自体がその記念碑的な意義を自覚しているかのようだ。 まだ11歳の私でも、この遺物が人間の表現の創造性と回復力の証であることは理解できる。

テンプル・バー

トリニティ・カレッジの静かな廊下から、私はダブリンの活気あふれる中心地、テンプル・バーへと足を踏み入れた。 この地域は若者の興奮と芸術的センスの縮図だ。 どこを見ても、ギターをかき鳴らすミュージシャン、通行人をスケッチするアーティスト、自然発生的なショーを繰り広げるパフォーマーがいる。 賑やかなヨーロッパの物語の登場人物になった気分だった! どこを切り取っても驚きに満ちた活気ある場所だ。 カラフルなグラフィティアートからユニークなブティックまで、その雰囲気は電気的で、私のような古風な11歳の子供でさえ、まったく生き生きとした気分にさせられる。

アイルランド国立博物館

好奇心旺盛な私は、アイルランド国立博物館を訪れるチャンスを逃すことはできなかった。 博物館はアイルランドの歴史の宝庫で、数千年前の遺物が展示されている。 古代の沼地の遺体からケルト芸術の複雑さまで、どの展示もアイルランドの豊かで複雑な過去を知る窓となっている。 ひとつひとつのアイテムが物語を語り、今日のアイルランドを形作った瞬間を捉えていることに、私は驚嘆せずにはいられなかった。

セント・ステファンズ・グリーン

ああ、セント・スティーブンス・グリーン!花々が咲き乱れ、壮大な彫像や絵のように美しい池が点在する、緑豊かな公園を想像してみてほしい。 この公立公園は都会の真ん中にある静かなオアシスで、私自身が愛したグリーン・ゲイブルズを思い起こさせる。 池でのんびりと泳ぐアヒルは、この場所の平和な精神を体現しているかのようだ。 芝生に寝そべって流れゆく雲を見上げ、自然ならではの静けさを感じた。

グラフトン・ストリート

グラフトン・ストリートでは、ショッピングとストリート・パフォーマンスが融合している。 高級ブティックから魅力的な書店まで、さまざまなショップが軒を連ねるグラフトン・ストリートは、ちょっとした買い物療法やウィンドウ・ショッピングを楽しみたい人にとってパラダイスだ。 伝統的なアイルランド民謡からモダンなポップスまで、ストリートミュージシャンがサウンドトラックを奏でる。 物語を語るのが好きな少女だった私にとって、買い物客やアーティストたちの多様な群衆は、ダブリンの活気ある物語の登場人物のように感じられた。

ダブリン動物園

11歳でダブリンを訪れて、ダブリン動物園に行かないわけにはいかない。 世界で最も古い動物園のひとつであり、単に動物を展示するだけでなく、保護活動や教育の証でもある。 雄大なゾウからカラフルな鳥まで、エキゾチックな動物たちは遠い国からの使者のようで、私が探検したいと思っている世界の広大さと多様性を思い出させてくれる。

ハペニー橋

最後に、象徴的なハペニー橋は必見だ。 この魅力的な歩道橋はリフィー川にかかっており、かつてはボートを使わずに川を渡る唯一の方法だった。 この上を歩くと、まるでタイムスリップしたかのような気分になり、街のスカイラインの眺めは息をのむほど美しく、特に日が沈むにつれてその美しさが際立つ。

カントリーサイド真のエメラルド島

アイルランドの探検は、その素晴らしい田園地帯に足を踏み入れることなしには終わらないだろう。 ダブリンはそれ自体が冒険だが、アイルランドの地方に足を踏み入れることは、まるで新しい本を開くようなものだ。

モハーの断崖

自然と想像力が融合し、ほとんど超越したものになる場所があるとすれば、それはモハーの断崖だろう。 大西洋から劇的にそびえ立つ崖は、海の神秘を寄せ付けないかのようにそびえ立つ壁を形成している。 その端に立つと、目の前に広がる広大な大西洋が、まるで巨大な起伏のあるタペストリーのように迎えてくれる。 風は古代伝承の物語をささやき、私の背筋を震わせ、私の赤い髪を絵本のドラゴンの炎のように踊らせる。 私のような夢想家でさえ、世界の豊かさに根ざした気持ちにさせてくれる、生々しく、手つかずのエネルギーがある。

リング・オブ・ケリー

リング・オブ・ケリーはまったく異なる体験だが、それに劣らずスペクタクルだ。 このサーキットでは、ギザギザの山脈から透き通った湖まで、まるで母なる自然が縫い上げた鮮やかなパッチワークキルトのような、美しいモザイクの風景を楽しむことができる。 静寂に包まれた田園地帯から活気に満ちた地域社会まで、その景観の多様性はアヴォンリーのさまざまなムードを想起させる。 ループを旅していると、曲がるたびにアイルランドの新たな肖像が見えてくるような気がする。 深く息を吸い込み、爽やかな空気を肺いっぱいに吸い込みながら、壮大な光景に心を包まれる。 ここは、私の心の静かで内省的な一隅、つまり詩が根を張り、夢が飛翔する一隅と共鳴する場所なのだ。

キラーニー国立公園

キラーニー国立公園を訪れれば、もうひとつの自然の美しさを堪能できる。 広大な森、神秘的な湖、野生動物が生息するこの場所は、アヴォンレアに戻ったときの未開の森や静かな野原に似ている。 この公園は動植物の楽園であり、小さな花や雄大な木々にいつも関心を持っている私としては、自然の最高傑作のワンダーランドにいるようだった。

コネマラ

コネマラはアイルランド版絵本のような風景で、荒々しい大西洋となだらかな丘陵や険しい山岳地帯が出会う場所だ。 グリーン・ゲイブルズの近くの森がいつも秘密をささやいているように見えたように。 伝説の野生のポニーであれ、カイルモア修道院の妖しい美しさであれ、コネマラは神話と伝説の糸で結ばれた地域のようだ。

ジャイアンツ・コーズウェイ

最後に、ジャイアンツ・コーズウェイを訪れずして、アイルランドの田舎への旅は終わらないだろう。 六角形の玄武岩の柱が並ぶこの自然の驚異は、まるでおとぎ話に出てくるようだ。 ダイアナと私が午後の空想の時間に夢見た、巨人や英雄や大地の魔法に満ちた物語の中に入り込んだような気分だ。

アイルランドの田園地帯では、それぞれの場所が物語を語り、それぞれの景色が秘密を秘め、一瞬一瞬が自然界の崇高な美しさを教えてくれる。 夢と物語のタペストリーのような存在である私のような11歳にとって、アイルランドの風景は単なる場所ではなく、将来の冒険の舞台であり、新たな物語が紡がれる背景なのだ。 本物のエメラルド島は、私の愛するアヴォンリアのなだらかな丘や静かな水辺のように、私の最も深く想像力豊かな部分に呼びかけてくる。

コーク単なる郡ではない

英国市場

コークのイングリッシュ・マーケットを訪れるのは、国全体が名誉あるゲストとなる大宴会に出席するようなものだ。 店内に一歩足を踏み入れた瞬間、新鮮な魚、エキゾチックなスパイス、職人技が光るチーズなど、豊かな香りのタペストリーが出迎えてくれる。 市場は賑やかな食の中心地であり、アイルランドの賑やかな集いの香りと音に包まれている。 地元の名物であるソーダブレッドを一口食べると、アイルランドのエッセンスそのものを味わったような気がした! 多くの点で、グリーン・ゲイブルズに戻った日曜日の夕食のように感じられた。

ゴールウェイボヘミアン・ソウル

ストリート・パフォーマーとアーティスト

石畳の道と芸術的なセンスにあふれたゴールウェイは、まるでボヘミアン・ラプソディーの舞台のようである。 街を歩くと、たくさんのアーティストが工芸品を展示し、職人たちが手作りの小物を売り、ミュージシャンたちがアイルランドの精神そのものを表現したような曲を演奏しているのに魅了された。 この街は、誰もが独自の才能を地域社会に貢献するアヴォンリーアの創造的な世界と同じように、気の合う仲間たちの活気ある集まりのように感じられた。 まるでストリートそのものが、内なるアーティストを表現することを促しているかのような自由な感覚がここにはある。

アイルランドのフォークロアについて

レプラコーンと妖精の指輪

アイルランドの豊かな伝承のタペストリーに真っ先に飛び込まずに、アイルランドを冒険することはできない。 妖精の指輪からレプラコーンまで、神話や伝説はエメラルドの丘や流れる川と同様にアイルランドの風景の一部である。 アイルランドの田園地帯のように野性的な想像力を持つ11歳の私は、レプラコーンが次の曲がり角を曲がったところに隠れていて、金の壺を守っているのだと思うと、くすぐったい気持ちにならずにいられなかった。 グリーン・ゲイブルズの近くにある “お化けの森 “や “ドライアドの泡”-魔法と謎に満ちた場所-について私が感じたことに似ている。

アヴォンレアにいたころ、私が森の精霊たちの物語を紡ぎ出していたように、アイルランドもまた、不思議な存在で私の想像力を養ってくれる。 この国全体が、人々や風景だけでなく、何世代にもわたって受け継がれてきた魅惑的な物語によって織り成されているかのようだ。 アイルランドの民話が、緑の丘や古代の遺跡、そして賑やかな都市にさえ深みを与えているのだ。

コークでの食の祭典、ゴールウェイでの芸術的なシンフォニー、国中に広がる神話的なタペストリーなど、アイルランドはあらゆる世代の夢想家やロマンティストを魅了する国だ。 あらゆる物語を別世界への窓のように大切にする11歳にとって、アイルランドは発見されるのを待っているたくさんの物語のように感じられ、そのひとつひとつが、アヴォンリアの物語がそうであったように、私の幼い魂を豊かにしてくれる。 生涯アイルランドに住む人も、初めてアイルランドを訪れる人も、赤毛の想像力豊かな少女も、アイルランドは誰もが自分だけの叙事詩に入り込んだような気分にさせてくれる。

旅立ちほろ苦い別れ

アイルランドに別れを告げるのは、心奪われる本の最後のページを閉じるようなものだ。 飛行機がパッチワークのような畑の上空を飛ぶとき、私の心は重く、しかし満たされているように感じる。 これが『終わり』ではなく、『To Be Continued』であることはわかっている。

アイルランドは単なる場所ではなく、感情であり、歴史、文化、自然の美しさの糸で織られた鮮やかなタペストリーなのだ。 そして、燃えるような赤い髪と同じくらいワイルドな想像力を持つ11歳の少女にとって、あなたは夢のような存在だ。

ダブリンでの滞在先

ダブリンは旧友のように出迎えてくれ、歴史的な通りを歩きながら物語を語ってくれる。 ここで頭を休める居心地のいい場所を見つけると、体験がさらに豊かになる。 自宅の快適さと新しい物語への興奮を大切にする私が、旅仲間や気の合う仲間たちが憧れるであろうホテルを厳選した。

1.ザ・シェルボーン、オートグラフ・コレクション

ああ、シェルボーン!ジェーン・オースティンの小説の壮大さを体現したホテルといえば、ここだろう。 手入れの行き届いた英国庭園のダブリン版ともいえるセント・スティーブンス・グリーンのすぐ向かいに位置するこのホテルは、豪華であると同時に歴史的でもある。 このホテルに滞在すると、まるで社交ダンスの世界に足を踏み入れたような気分になる。 マリラが人生の晴れ舞台で味わうような、人生の晴れ舞台を楽しみたい人にぴったりだ。

2.ブルームスホテル

テンプル・バーの中心に位置するブルームズ・ホテルは、ダブリンの若々しい活気が最も輝く場所だ。 ミュージシャンやアーティストでにぎわう石畳の通りは、ダイアナ妃が大好きな本の最もロマンチックな章にいるような気分にさえさせてくれる。 手ごろな価格で、控えめで、遊び心がある!

3.トリニティ・シティ・ホテル

テンプルシティ・ホテルはトリニティ・カレッジに近く、ケルズの書のページが風でめくれる音が聞こえてきそうだ。 このホテルはモダニティと歴史の美しいバランスを保ち、物語を楽しみながらも今日の便利さに感謝する人々にアピールしている。 快適な客室とリフィー川の近くに位置するこのホテルは、ギルバートの性格と同様に多目的に利用でき、レジャーにも実用にも適応できる。

4.クロンターフ・キャッスル・ホテル

騎士道物語のようなエキサイティングな生活を夢見る人には、クロンターフ城ホテルが待っている。 市街地から少し離れた場所にあるこのお城を改装したホテルでは、王室と魔法の両方を感じることができる。 ここに滞在する体験は、まるでおとぎ話の中にいるようで、隅から隅まで古代の秘密がささやかれている。 レイチェル・リンデ夫人でさえ、ゴシップのネタになるようなものはここにはないだろう!

これらのホテルを選ぶにあたり、グリーン・ゲイブルズがアヴォンレアに戻った私にとってそうであるように、物語を語る場所を探した。 豪華さと歴史、若々しいエネルギー、バランスの取れた実用性、王室の魅惑など、それぞれがユニークな体験を提供している。 ダブリンでの滞在は、街そのものが紡ぎ出す物語と同じくらい思い出深いものになるはずだからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です